売る形態を確認しよう

WEB制作

不動産業者のホームページで情報を確認するとき、ここだけはチェックしておいたほうがいいという部分があります。申し込む前に必ず確認することで、信頼できる自分好みの物件を見つけることができるため、参考にしてください。例えば、業者の取引の形態が売り主・代理・仲介のどれとなるのかに対しては必ず確認しておくことが、必要です。確認しておくことで割引などの相談だけではなく、トラブルを回避するために不動産業者に立ち会ってもらうことが必要かわかります。業者自らが売り主の場合はかなり割安な価格で手に入れられる可能性もあるため、慎重に確認してから利用しましょう。ホームページで記載されていないということはないため、隅から隅まで確認してから申し込むことをおすすめします。

違いを確認して取引を

WEB制作

ホームページで販売されている不動産物件には、仲介・売主・代理といった項目が存在していますが、違いを知っていますか。仲介というのは、不動産物件の持ち主と買い手との間に業者が入って取引に関する調整を行うため、取引でトラブルになることの少ないのがメリットです。また、売主というのは物件を持っているのはホームページを運営している会社であり、取引するときには直接話し合うことになります。代理とは仲介と多少似ていますが、不動産業者が売り主の代理人となって買い手と取引に関して話し合いをするのが特徴です。仲介は業者が間に立って双方の希望を聞いて取引を行いますが、代理の場合は売主の代わりに話し合いをするのが業者となるため、比較的スムーズに話すことができます。

複数の業者で掲載されている物件の理由

パソコン

複数の不動産業者のホームページをチェックするときに、同じ物件について掲載していることがありますが、なぜでしょうか。第一に売主が複数の業者に依頼をしている場合、どこにも管理委託をしていないため、複数の業者で掲載していることが少なくありません。それ以外の場合、不動産物件の売主が別の業者へ依頼して入居者募集や書いて募集を行っている場合が考えられます。大々的に募集をする場合、自社のホームページで募集をするだけでは集まりにくいため、他の業者に依頼してホームページで募集をかけることはよくあることだからです。ただし、その場合は依頼された業者で取引をすると仲介手数料を取られる可能性があるため、確認してできるだけ安値で取引できるところを探しましょう。なお、複数の不動産業者のホームページで取り扱っている中には、買い手を見つけることが難しい物件である可能性もあるため、物件の内容をよく確認して利用してください。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中